データ作成の注意点
見本の作成方法について

 
見本はPDFデータ、若しくはJPGデータでご入稿いただきます。
 PCやアプリケーションの環境により、よく分からない場合もあるかと思いますので、汎用性のある、
 「プリントスクリーン」(win) と 「スクリーンショット」(mac) のご紹介をします。

≪プリントスクリーン(win)≫


(PCやバージョンの違いにより、表現が多少違うところがあります。)

1)まず、印刷したいデータを画面いっぱいに表示させます。

(必ず全体が画面いっぱいになるように。表示が切れないように注意。)


 2) 「プリントスクリーン」という機能を使用し、PCの画面を撮影します。
 機種によって多少違いますが、
キーボード上のテンキー(0~9の数字のキー)の上部あたりにある
「Print Screen」もしくは「PrtSc」と書かれたキーを押すと、画面が撮影されます。
(押すだけで撮影されますが、画面上は特に何も起こりませんので、次の作業に進んでください)


3)撮影した画面を保存するために、 「ペイント」というソフトを使用します。
  「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「ペイント」 クリックしていただくと起動します。
ペイントの上部のツールバーから「貼り付け」を選択(「編集」→「貼り付け」となる場合もあり)。
撮影した画像が貼り付けられます。



4)保存をします。
「名前を付けて画像を保存」を選択し、デスクトップなど分かる場所に保存して下さい。
「ファイルの種類」は、JPGかPNGにして下さい。

これで見本用データが作成できます。

≪スクリーンショット(mac)≫


 1)まず、印刷したいデータを画面いっぱいに表示させます。
   必ず全体が画面いっぱいになるように。表示が切れないように注意。(上記プリントスクリーンと同じ)

 2)そのままの状態で、「command + shift + 3」キーを押すと、
  スクリーンショットのデータがデスクトップに出現します。

 3)開いてみると、こんなデータになっています。完成です。

▲ページトップに戻る