HOME > 学割ポスター印刷 > 印刷データ作成の注意点
head_img_slim

データ作成の注意点(共通項目)

1)原寸で作成して下さい
2)周囲3mmはカットすることがあります。切れては困る文字や写真は配置しないで下さい。
 →周囲3mmの配置
3)写真印刷には、350dpiという高解像度が必要です。解像度の確認ができない場合は、画像を劣化させずに使用するようにしてください。
4)見本用のデータが必ず必要です。PDFかJPGデータでご用意下さい。
(入稿データがPDFの場合はJPG、JPGの場合はPDFをご用意いただきます)
 →見本データの作成方法

データ作成の注意点(アプリケーション別)


○Adobe Illustrator (アドビ・イラストレーター)
フォントのアウトライン化を必ずして下さい。モレがないよう、レイヤーロック解除の上、全選択でアウトライン化をして下さい。

○Adobe Photoshop (アドビ・フォトショップ)
原寸に対して、350dpiの解像度を保持して下さい。300弱くらいまでは許容範囲ですが、解像度低下に伴い、品質の著しい劣化となります。
写真のカラーモードは、CMYKで作成して下さい。

○Adobe Photoshop Elements (アドビ・フォトショップ・エレメンツ)
原寸に対して、350dpiの解像度を保持して下さい。300弱くらいまでは許容範囲ですが、解像度低下に伴い、品質の著しい劣化となります。
このアプリケーションは、写真のカラーモードをCMYKに変更できないため、ディスプレイやプリンターで確認した場合の色と比較し、印刷の色が変わってしまう事があります。ご了解の上ご注文くださいます様お願い致します。


【画像解像度の設定は上記のようになります。「ドキュメントのサイズ」がポイント!】

○Microsoft Word (マイクロソフト・ワード)
○Microsoft Excel (マイクロソフト・エクセル)
このソフトは印刷用のデータに変換した際に、いくつかの不具合がでる可能性があります。
使用に差しさわりがある場合は、こちらで手直しをしますので、ご了解の上ご注文くださいます様お願い致します。
・・・考慮される不具合・・・
1)弊社サポート以外のフォントを使用している場合、書体が変わってしまう。(似た書体に置き換えて対処します。)→サポートしているフォント
2)透明機能を使われている場合、効果が保持されない。(使用に差し支えない程度に手を加えます。)→透明機能の無効化
3)カラーモードが印刷用のCMYKに設定できないため、ディスプレイやプリンターで確認した場合の色と比較し、印刷の色が変わってしまう。
4)ソフト特有のパターンなどを使用している場合、ディスプレイやプリンターと同一の再現ができない。
5)オブジェクト背景の透明が再現されない現象。画像背景の透明無効化

○Microsoft PowerPoint (マイクロソフト・パワーポイント)
まず、ワード・エクセルと同様の注意が必要ですので上記をご覧下さい。
加えて、パワーポイントではサイズ設定に十分注意をして下さい。ディスプレイ表示用のサイズ設定と、印刷用のサイズ設定を間違えるケースが多発しています。
パワーポイントのサイズ設定


○PDF
PDFデータの場合、原寸での作成とフォントの埋め込みをするよう、お願い致します。
カラーモードがRGBで作成されている場合は、ディスプレイやプリンターで確認した場合の色と比較し、印刷の色が変わってしまう事がございますのであらかじめご了承下さい。
PDFデータにはいくつが種類がありますが、印刷用PDFとして使用できないデータが稀にございます。
その場合は入稿後のデータ検証で判明した時点でご相談申し上げます。PDF書き出し前のデータをご入稿いただくなど、ご対応をお願いいたします。


icon 学割ポスター印刷TOP
icon 印刷のご注文
icon 商品詳細・料金・支払
icon 印刷データ作成の注意点
icon 印刷の工程
icon 印刷データ入稿窓口

お問い合わせ

icon 電話番号0166-36-5564 icon FAX050-3153-2359
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る